詩佳diary

まさかうちの子が不登校…。シングルマザーの子育てや日常の記録です。

MENU

【スポンサーリンク】

まさかうちの子が不登校になるなんて。~part5~


f:id:i-shiika:20181125204229j:plain

こんばんは!詩佳です。

さて、ちょっとずつ元気になってきた息子ですが、新学期にどうなるか心配…。ドキドキの3学期を迎えます。(うちの学校は3学期制です。)元気に学校に通ってくれるといいのですが…。

 

病院の先生と決めた事 

12月に初めて心療科を受診して、”今は心が疲れているので無理には登校させない”事になりました。

息子とも相談して、新学期からは週3日間(月・水・金)午後のみ登校する事にしました。

1ヶ月後に再診の予約を取って帰宅となりましたが、体重が少ないため、「何かあって入院させたい場合には連絡をください」との事でした。

ただ、病棟は満床の為、空き次第の入院になるそうです。

結構入院している子っているんですね…。

学校の先生にも報告し、少しでも食事がとれるように働きかけました。

3学期の様子

体の調子はまずまずで始まった3学期ですが、順調に登校していました。

「今日は行けないけど明日行く」という日もあり、大丈夫かな?と心配しながら送り出していました。

ところがやっぱり最初に飛ばしすぎたらしく、3学期最後の方はちょっとお休みぎみとなってしまいました。

無事に3学期を終える事ができたのは、よかったかなと思います。

心配なクラス替え

2年生になると、クラス替えがあります。クラスのメンバーも変わるし、担任の先生も変わるかもしれないので不安な部分があります。

やっと先生の対応も落ち着いてきてホッとしていた所でしたが、2年生になってまた対応が遅かったりすると困るので、学年主任の先生・担任の先生にはそのような事が無いようにお願いしました。

1年生のまとめ

初めての事ばかりで戸惑うこと・不安なことがたくさんありました。

その中で、色々な人に話を聞いたり・相談に乗ってもらったり、助けていただいた部分も沢山あります。

学校の対応はやはり不満な部分が残ります。

”ちゃんとやってくれていれば””早く対応してくれていたら”もうちょっと違う結果になっていた”かも”しれません。やっぱり同じ結果だった”かも”しれません。

ただ、苦しんでいる子供のためにも、早めに対応して欲しいと願います。

 

次回は、息抜きに違う話題の記事を書いていきたいと思います。 

【スポンサーリンク】