詩佳diary

まさかうちの子が不登校…。シングルマザーの子育てや日常の記録です。

MENU

【スポンサーリンク】

まさかうちの子が不登校になるなんて。~part8~


f:id:i-shiika:20181125204229j:plain

こんばんは!詩佳です。

前回は、息子と話し合った事を書いていきました。

今回は、その時の学校の先生の対応についた書いていきたいと思います。

 

なぜ繰り返すのか?

散々言っておいたのですが、市のカウンセラーさんとの面談は行ってもらえず、また不登校になってしまうという結果に怒りです。

今回は、教頭先生に電話し、どうなっているのかを確認してもらう事にしました。

後日、教頭先生と学年主任の先生が謝罪に見えましたが、担任の先生の姿はありませんでした。こういう時は来ないものなのでしょうか?

そしてなぜ繰り返すのか、理解できません。

去年に引き続き、面談の機会を設けて欲しいというのは、そんなに難しい事なのでしょうか?

もう不満しかありません。

そして話し合い

まずは先生方からの謝罪から始まり、とりあえず現状を報告しました。

息子が主張している”クラスメイトから来るなと言われる”という事と、適応指導教室の見学希望を伝えました。

学校側としては、学校に登校して欲しいようで、「生徒にはちゃんと指導します」という事でした。

適応指導教室の方とは連絡を取ってもらい、見学の日を後日連絡いただける事になりました。

本当にいじめはあるのか

ただ、”いじめられている”というのはあくまで息子の主張で、本当にそうなのか?はちょっと引っ掛かる部分がありました。

以前、息子のお友達に話しを聞く機会があって、少し話した事があります。

その時に、「聞いても何も話してくれない」「クラスでも特に思い当たる事は無い」と言っていたのです。

息子の話しとは違う内容に、実際はどうなのか訳が分からなくなりました。

息子の思い込みも無くなはいかなとも考えられるし、実際にいじめられている現場を見ている訳でもない。でも、何もなければ食事が取れなくなったり、登校できなくなるなんて事はないはずだし…。(1年生の時は、相手も認めていたので実際にあったと思っています。)

先生が調査してくれるのを待つしか無いかなと思いました。

スクールカウンセラーさん

実は、スクールカウンセラーさんと面談した事がありませんでした。

先生の勧めで、カウンセリングを受ける事にしました。

こちらも来校する日が決まっているので、後日連絡をいただけるとの話しになりました。

 

 次回は、適応指導教室へ見学に行った時の事を書いていきたいと思います。 

【スポンサーリンク】