詩佳diary

まさかうちの子が不登校…。シングルマザーの子育てや日常の記録です。

MENU

【スポンサーリンク】

空手の大会


f:id:i-shiika:20181225210145j:plain

こんばんは!詩佳(@shiikamama)です。

さて、部活の練習・練習試合・大会など、中学生になると土日も中々休みがありません(;^_^A

そんな事で空手の大会も何回か見送り、今回ようやく今年初めての大会に出場しました。

娘もなるべく練習に行くようにはしていますが、平日はやっぱり難しいと感じます。

当初の予定では文化部に入るはずだったので、練習もある程度参加できると見込んでいましたが、予想外の運動部💦

ですが、本人は空手より部活の方が楽しいようで、部活優先のようです。

そんな中での大会の様子を書いていきたいと思います。

 

2種目に参加しました

今回参加した大会はそんなに大きなものではなく、流派の大会です。

娘は矯正しているので組手はエントリーしていません。

今回は形2種目にエントリーしました。

流派の形と全空連指定形の2種目です。

練習は全空連指定形を中心に行っています。

なので、流派の形は自信が無かったようです。

弱気な発言もありました。

いつも言っている事は、

「全力で負けたなら、自分の練習不足だから仕方がないね。順番も大切だけど、どれだけ一生懸命やったかが一番大切だよ。」

形は練習した分だけ上達すると言われています。

全国を目指す子は、それこそ毎日何時間も練習しています。

娘は週に1回程度。

そんな子と当たったら、勝てるはずがないのです。

負けるととても気にするので、先に言っておきます(;^_^A

1種目目

こちらは流派の形で、娘は中学生有段の部です。

中学生1~3年生までいて、やはり上手い子は上手いです。

動きが違うので、沢山練習しているなというのが素人の私が見ても分かります。

ここで、ちょっとしたトラブル?がありました。

2回戦は無事に勝利し、2回戦となりました。

私が見た感じでは、“勝てたな”と思いました。ですが結果は3対2で負け。

娘は悔し涙を流したのてす。

(詳しい事は書くのを控えます💦)

相手の方が上手かった場合には泣くことがない娘がです。

道場の先生や、他の方たちもおかしいと言っていました。

でも、誰も異議を申し立てることはありません。

娘に限った訳ではなく、他の子でも同様です。

でもそれって?何の為に大会をやるのか?といつも疑問に思います。

だって審判の考えで、自分の道場の子が負けているなと思っても、その子に旗を上げてしまえば通ってしまうんですよ?

それが嫌で辞めていく子もいると思います。

だって、一生懸命努力して上手くなっても、負けてしまうんですから。

実際娘も、

「練習して上手くなったって無理じゃん。もう大会出ない(T_T)」

と言っています。

(こういう事は今回だけでなく、過去にも何回かありました。)

2種目目

続いては、全空連指定形です。

こちらも1回戦を勝ち抜き、2回戦。

結果は2回戦負け。

これは相手の方が上手かったです。

完全に娘の練習不足ですね(´・c_・`)

相手の子は勝ち進み、優勝しました( ゚Д゚)

ここで反省点がやはりあります。

最近の娘は、反抗期というのもありますが、先生の言うことを素直に聞かない時があります。

(私には分かる(-"-))

流石にそれではいけないと叱りますが、右から左。

そこを再度指摘しました。

「勝ちたければ、先生に言われたところをきちんと直しなさい。」

少しは素直に聞いてくれるでしょうか。

それでも聞かないなら上達しないだけですけどね( ゚ε゚;)

小さい頃は、”言われた所はすぐに直すから伸びる!”と言われていたのに…。

 

ということで、色々考えさせられる1日となりました。

とりあえず、審判には公平な判断をして欲しいです! 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございますm(__)m

 

 

ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ シングルマザー日記へ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】